ヤンキースのグレイ 過去に人種差別的ツイートを投稿 本人は「内輪のジョーク」

[ 2018年8月2日 12:24 ]

ヤンキースのソニー・グレイ投手 (AP)
Photo By AP

 大リーグではここ最近、選手がプロ入り前に投稿したツイートが問題視されている。

 ブルワーズのジョシュ・ヘイダー投手(24)を始め、ブレーブスのショーン・ニューカム投手(25)、ナショナルズのトレー・ターナー内野手(25)と次々に過去の不適切なツイートが発覚。内容は人種差別的、また同性愛者を嫌悪するものだった。

 そして、1日にはヤンキースのソニー・グレイ投手(28)も過去に人種差別的ツイートを投稿していたことが発覚。アスレチックス傘下時代の2012年、アフリカ系のチームメートに「お前は大学にも行っていない黒人。パチパチ(拍手)」とツイートしていたという。

 このツイートはすでに削除されており、その内容が意味するところは不明。グレイ本人は「内輪のジョーク」としているが、リーグ全体がこうした問題に神経質になっているだけに、「内輪のジョーク」で流せるかどうか。また、これまで発覚したツイートはプロ入り前に投稿されたものだが、グレイのツイートはプロ入り後であることも気になる点だ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース