大谷 2試合ぶりスタメン外れる 相手先発は本職救援の24歳右腕

[ 2018年8月2日 04:54 ]

ア・リーグ   エンゼルス―レイズ ( 2018年8月1日    セントピーターズバーグ )

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷が1日(日本時間2日)の敵地レイズ戦で2試合ぶりにスタメンから外れ、ベンチスタートとなった。

 レ軍先発の24歳右腕グラスノーは本職は救援で今季34試合に登板し1勝2敗、防御率4・34。

 今季のレ軍は救援投手を先発で短いイニングで回す戦術を取り入れており、前夜の先発スタニクも初回で交代した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース