楽天・田中、パ14人目スイッチ本塁打 5位オリに2・5差

[ 2018年8月2日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―2オリックス ( 2018年8月1日    京セラD )

3回1死、田中は中越えソロを放ち塩川コーチに迎えられる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 楽天・田中がパ・リーグ14人目の1試合両打席本塁打を記録した。3回1死では、右打席でアルバースからバックスクリーンへ10号ソロ。8回無死では左打席で近藤の145キロ直球を右翼席に11号ソロを運んだ。「プロに入るとき、一回はやりたいと思っていた。できて良かった」と振り返った。1試合2発も初めて。「5本打ったときくらいから意識していた」という球団生え抜き3人目の2桁本塁打も達成した。

 2本の同点弾で延長12回の枡田の勝ち越し打につなぎ、チームは2連勝。5位オリックスに2・5差と詰め寄り「尻が見えてきた」と目を光らせた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース