大嶺祐、開幕ローテ確実 5回1失点、自責0に「自信になる」

[ 2016年3月5日 18:13 ]

オープン戦 ロッテ4―2阪神

(3月5日 甲子園)
 ロッテの大嶺祐が5回1失点(自責0)と好投し「シーズンと同じ気持ちで投げている。結果が出ているのは自信になる」と笑みを浮かべた。落合投手コーチは試合後「4人は固まった」と、開幕ローテーションを任せる意向を明かした。

 6奪三振のうち、3つはカーブが決め球だった。カウントを稼ぐため、昨秋から回転数を上げることをイメージして磨いてきた球種。「カーブで三振を取れるとは思っていなかった。ぽんぽんカウントを取りながら、きょうみたいに低めで空振りを取れれば」と収穫を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月5日のニュース