巨人・長野、外角球を技あり逆転打 由伸監督「軸となる選手」

[ 2016年3月5日 07:50 ]

<オ・巨>5回2死二、三塁、長野は中前に逆転2点適時打を放つ

オープン戦 巨人3―2オリックス

(3月4日 京セラD)
 巨人・長野が決勝打を放った。3番・右翼で2点を追う5回、立岡の適時打で1点差とし、なお2死二、三塁で中前に逆転の2点打を運んだ。

 外角の変化球に、両腕を伸ばしてミートした技ありの一打にも「シーズンでチャンスの時にもしっかり打てるようにしたい」と表情を引き締める。高橋監督は「きっちり軸となる選手が打てばこういう試合になる」と高く評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月5日のニュース