地元中日勢が躍動 平田が適時2点打、大野は2回1安打無失点

[ 2016年3月5日 22:54 ]

日本通運 Presents 侍ジャパン強化試合 日本5―0台湾

(3月5日 ナゴヤドーム)
 3万4千人を超える観衆からひときわ大きな歓声を浴びた地元の中日勢が躍動した。

 まずは3回2死二、三塁で平田が2点適時打。外角球に腕を伸ばして右前に落とし「皆さんの熱い、大きい声援がヒットに変わったと思う」と喜んだ。

 2番手でマウンドに上がった大野は2回を1安打無失点。まだ調整段階で「状態は7割にいっていない」と言いながらも3三振を奪って得点を許さず「今持っている自分の全てを出した。余裕はなかったけど声援も聞こえたし、うれしかった」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月5日のニュース