上原、納得の44球 打撃練習に初登板「打者が立てば全然違う」

[ 2016年3月5日 05:30 ]

レッドソックス・上原

 レッドソックスの上原がキャンプで初めて打撃練習に登板した。

 通算104本塁打のマーフィーやマイナー選手を相手にスプリットを交えて44球を投げ、安打性の当たりはわずか3本だった。「打者が立てば(ブルペンとは)全然違う。いい練習ができた」と納得の表情。次も打撃練習で投げ、オープン戦登板はその先になる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月5日のニュース