ソフトB松坂 次回登板は10日有力 右肩は問題なし

[ 2016年3月5日 05:30 ]

倉野投手総合巡回コーチ(左)らと今後の登板スケジュールについて話し合う松坂(中央)

 右肩手術から復活を目指し、前日に288日ぶりに実戦登板を果たしたソフトバンク・松坂の次回登板は10日のウエスタン・リーグ春季教育リーグの広島戦(由宇)が有力となった。

 倉野投手総合巡回コーチが「可能性があるとしたらそこになる」と明かした。松坂は一夜明けたこの日、右肩の状態については問題がなく、強めのキャッチボールで体を動かし「いい感じで肩の筋肉が締まっている」と好感触を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月5日のニュース