西武・高橋光、開幕ローテ“黄信号”…炎上7失点「収穫ない」

[ 2016年3月5日 05:30 ]

<楽・西>初回無死二塁、ゴームズに2ランを浴びた高橋光

オープン戦 西武2―11楽天

(3月4日 倉敷)
 西武の2年目・高橋光の開幕ローテーション入りに「黄信号」がともった。

 楽天戦で先発して4回7安打7失点と炎上。「課題は見つかったけど、収穫はない。この結果を受け止めるしかない」と猛省した。ここまで練習試合は2戦計8回を無失点だった右腕は初回、ゴームズに2ランを浴びるなど3失点。2回は2死から3安打と2四死球で3失点した。直球は最速147キロも「変化球でカウントを悪くして直球を打たれた」と肩を落とした。

 次回は13日のイースタン・リーグ、日本ハム戦西武第2)で先発予定。「そこでファイナルアンサー(最終判断)かな。突き抜けないとローテーションは見えてこない」と田辺監督。背水のマウンドで生き残りを懸ける。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年3月5日のニュース