阪神ドラ5青柳がオープン戦初登板、2回2失点も立ち直る

[ 2016年3月5日 15:29 ]

オープン戦 阪神2―4ロッテ

(3月5日 甲子園)
 1軍に合流した阪神のドラフト5位・青柳晃洋投手(22)が5日のロッテ戦でオープン戦初登板を果たした。能見の後を受け2番手で5回からマウンドへ。先頭打者から3者連続四球で満塁のピンチを背負い、右犠飛と左前適時打で早々と2失点。それでも2イニング目となった6回は井口からスライダーで見逃し三振を奪うなど、3者凡退に仕留めて意地を見せた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月5日のニュース