捕手・森「全然ダメ」…田辺監督「落ち着きが見えない」

[ 2016年3月5日 05:30 ]

<楽・西>2回2死二、三塁、藤田の2点打で二走・岡島(右)の生還を許す森

オープン戦 西武2―11楽天

(3月4日 倉敷)
 捕手でフル出場した西武・森は2安打1打点とバットでは結果を残したが、守備で課題が露呈した。

 2回はワンバウンドの投球を体で止めたが、見失って進塁を許した。4回は球を握り損ねて二盗を許すなど「全然ダメです。全部です」と表情は硬かった。高橋光とも息が合わず、初回からマウンドに向かう場面もあるなど計5投手をリードして11失点。田辺監督は「落ち着きが見えない。この遠征中に(起用法の)方向性を判断する」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月5日のニュース