広島ドラ6左腕オスカルが3人斬り、緒方監督期待「面白い存在」

[ 2016年3月5日 19:24 ]

オープン戦 広島1―1西武

(3月5日 マツダ)
 広島のドラフト6位新人の左腕オスカル(ホンダ)が頼もしい。6回に登板し、左打者の木村昇と森を計4球で仕留めると、最後は昨季本塁打王の中村を遊飛。「左打者は絶対に抑えないといけないと思っていた」と振り返った。

 キャンプ終盤から習得を始めたツーシームも効果的に使い、対外試合で好投を続ける。緒方監督はリードしている場面での起用の可能性に「これから一戦一戦の結果を残してくれれば。期待しているし、面白い存在」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月5日のニュース