ヤクルト・森岡 レジェンド“最後の相手”に「光栄です」

[ 2016年3月5日 17:59 ]

オープン戦 ヤクルト11―3中日

(3月5日 ナゴヤD)
 50歳のレジェンド、元中日・山本昌氏の「引退登板」の相手を務めたヤクルトの1番打者・森岡は、「最後に打席に立てたのは光栄です」と振り返った。

 自身も02年ドラフト1巡目で明徳義塾から中日に入団。08年までチームメートだった。この日の打席では2球続けて見逃し、最後は空振り三振。森岡は「変化球は落ちたし、直球もコースが良かった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月5日のニュース