大谷 初左翼で決勝点献上 果敢チャージも届かず三塁打に

[ 2014年7月13日 05:30 ]

<日・ソ>7回1死二、三塁、本多の打球を追う大谷だったが…

パ・リーグ 日本ハム2-4ソフトバンク

(7月12日 札幌D)
 日本ハム・大谷は「3番・左翼」で出場したが、今季初の左翼守備で悔しい決勝点を許した。

 「あそこは勝負にいった場面だったので仕方ない」。同点の7回1死二、三塁。本多が放った左翼線への打球に猛チャージをかけたが、わずかにグラブが届かず勝ち越しの適時三塁打となった。無安打で迎えた4打席目に意地の左翼線二塁打を放った大谷は「あす(13日)も守るか分からないけど、(試合に)出たら頑張りたい」と話した。

 ▼日本ハム・稲葉(左膝手術から1軍復帰を果たし、8回2死二塁から代打で右飛)大歓声で出迎えられてうれしかった。スイングはしっかりできた。

 ▼日本ハム・宮西(1点リードの7回から登板も3失点で逆転負けを喫し)佑ちゃん(斎藤)が頑張っていたので何とかしたかったけど。自分の完全なミス。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース