亀井 みそぎ弾 先発落ちも「切り替えてやっていた」

[ 2014年7月13日 05:30 ]

<巨・神>8回2死三塁、右越え2ランを放った亀井はチームメートとハイタッチ

セ・リーグ 巨人5-0阪神

(7月12日 東京D)
 出場選手登録された5月31日以降では初めて先発を外れた巨人・亀井が、みそぎの一発を放った。

 前日の阪神戦で、同点の3回1死三塁からスクイズを失敗したこともあり、この日は先発落ち。3点リードの8回2死三塁から代打で起用されると、鶴の内角直球をうまくすくい上げて右越えに4号2ラン。前日のミスを取り返す一打に「うまく内からバットが出せた。(気持ちは)切り替えてやっていた」と表情は明るかった。

 ▼巨人・橋本(左太腿肉離れから復帰して即先発も2打数無安打)多少気負った感じがあった。原監督からも試合前に「ここからがリスタート」だと言われた。しっかり結果を求めていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース