星野監督 結局、球宴辞退 体調回復間に合わず

[ 2014年7月13日 05:30 ]

楽天・星野監督

 楽天の立花陽三球団社長(43)は12日、星野監督の体調回復が間に合わないため「オールスターゲーム2014」(18、19日)の全パ監督を辞退すると発表した。

 「球宴に向けて体調を整える努力をしてきたが、まだ不安定。あと1週間を切った時期になったのは申し訳ない」と説明。この日朝に電話でリハビリ中の星野監督と話して辞退を決め、日本野球機構(NPB)に伝えた。胸椎黄色じん帯骨化症などの手術を受けた星野監督は一度は出場を辞退。パ・リーグ側の強い要望で3日に一転して指揮を執ると発表されたが、体調回復が間に合わなかった。球宴には、楽天からは大久保監督代行がコーチとして出場。全パの指揮はロッテ・伊東監督が執る方向で調整していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース