玉置浩二 国歌独唱で“ワールド”全開!妻の青田典子はワンバン始球式

[ 2014年7月13日 13:08 ]

<日・ソ>始球式を行った青田。右は玉置

パ・リーグ 日本ハム-ソフトバンク

(7月13日 札幌D)
 北海道・旭川市出身の歌手、玉置浩二(55)と妻の青田典子(46)が13日、日本ハム―ソフトバンク戦で国歌独唱と始球式を務めた。

 玉置は両親の結婚62周年にちなみ背番号「62」、青田は自身の「てんてん」という愛称から「1010」のユニホームで登場。

 玉置は、試合前にギターの弾き語りで「田園」を披露した後、国歌独唱。黒のスーツ姿で登場し、玉置“ワールド”全開に熱唱、美声を球場に響かせ「国歌は初めての経験。最高でした!」と大興奮。

 さらに、始球式には玉置と共に青田が登場。青田の投げたボールは横にそれワンバウン
ド投球となったが、ソフトバンク・中村から空振りを奪った。投げた後は、観客に笑顔で手を振り、青田は「球を投げるは初めて。良い感じ」とノリノリだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース