ソフトB ルーキー森がプロ初勝利 23試合目登板でついに

[ 2014年7月13日 05:30 ]

<日・ソ>プロ初勝利を挙げウイニングボールをかじるまねをする森

パ・リーグ ソフトバンク4-2日本ハム

(7月12日 札幌D)
 22歳のソフトバンク・ルーキー森が23試合目の登板でプロ初勝利を手にした。

 「うれしいです。先輩方が打ってくれて、投げてくれたおかげです。きょうも思い切ってガムシャラにいこうと思っていました」。敵地でのヒーローインタビューのせいか、表情は硬かったが、マウンドではいつものように物怖じすることはなかった。

 6回に3番手で連日の登板。中田、近藤、大引の中軸打者を7球で3者凡退に仕留め、7回の逆転を呼び込んだ。

 「ウイニングボールは両親に贈りたい。産んでくれてありがとう」。徳島出身のタフネス右腕はこの時ばかりは満面の笑み。秋山監督は「頑張っていればいいこともあるんですよ」と黙々と中継ぎで仕事をこなす森の働きに目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース