ヤクルト 5連敗 小川監督「全てにおいてミスだらけ」

[ 2014年7月13日 22:21 ]

セ・リーグ ヤクルト4―8DeNA

(7月13日 神宮)
 ヤクルトは今季2度目の5連敗となった。前日12日は先発の小川、この日は主砲のバレンティンと、投打の軸が続けて復帰したが白星は遠い。小川監督は「全てにおいてミスだらけ。負けるべくして負けた」と、おかんむりだった。

 先発の村中が5回途中までで6失点。打線は3併殺打で好機をつぶし、守っても1失策、2捕逸など乱れた。小川監督は「きょうのような試合では話にならない」と険しい表情で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース