岩手大会 早朝に地震、津波注意報で沿岸部校が到着遅れ

[ 2014年7月13日 05:30 ]

岩手大会開会式

(7月12日 県営野球場)
 早朝に福島県沖でM6.8の地震が発生し、津波注意報が発令されたことで沿岸地区の一部出場校の球場到着が遅れた。

 岩手県では大船渡、陸前高田、釜石の各市などで約1万1000世帯に一時、避難勧告も出された。釜石は津波注意報を受けて全員に一時帰宅を指示。解除後の午前7時30分に出発し、球場到着は開始15分前の9時45分。それでも小谷地太郎部長は「生徒の動揺が心配だったが、車中では大会を楽しみにしている様子だった」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース