浦和実、エースが体調不良で先発回避も…団結力でカバー

[ 2014年7月13日 05:30 ]

埼玉大会2回戦 浦和実8-1寄居城北

(7月12日 上尾市民)
 浦和実が緊急事態にも動じず、8―1で寄居城北を下した。試合直前、エース横溝が体調不良を訴えて先発を回避。金田祥が急きょ先発も、打線が12安打と奮起して初戦を突破した。

 辻川正彦監督は「緊張で普段通りにプレーできていなかったが、よく打った」とナインを称えた。左翼で先発し、3回で退いた横溝は「迷惑をかけてしまった。次戦は活躍できるように準備したい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース