横須賀総合、開幕戦勝利!4番・阿久根先制打 エース田国粘投

[ 2014年7月13日 05:30 ]

<横須賀総合・県川崎>1回1死一、二塁、横須賀総合の阿久根は左中間に2点適時二塁打を放つ

神奈川大会1回戦 横須賀総合7―4県川崎

(7月12日 横浜)
 横須賀総合がエースと4番の活躍で、2年ぶりの開幕戦で白星発進した。4番・阿久根は初回1死一、二塁から左中間を破る先制2点打。「最初の打席は緊張していて何を打ったか覚えていない」と言いながら、高めの球を豪快に引っ張りチームを勢いづけた。その後も3安打を打ち分け計4安打の大暴れ。「打てて気持ちが楽になった」とホッとした様子だった。

 投げてはエース・田国が10安打を浴びながらも完投勝利を挙げた。5回に連打などで4失点。7―4の8回には連打と初の四球で1死満塁のピンチを背負ったが「低めに丁寧に投げようと思った」と落ち着いて平良を二ゴロ併殺に仕留めた。広川俊也監督は「田国は疲れを見せず、丁寧に投げ抜いてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース