日体荏原 15回引き分け再試合…ラミレスおいは登板機会なし

[ 2014年7月13日 05:30 ]

東東京大会2回戦 日体荏原2-2実践学園

(7月12日 神宮)
 実践学園との初戦は延長15回の末、2―2で引き分けた。日体荏原・中井元二監督は「みんないい格好をしようとしたことが引き分けにつながった」と、勝ちきれなかったことを悔やんだ。

 BCリーグ群馬でコーチ兼任でプレーするラミレスのおい・ヨンデルは背番号20でベンチ入りも登板機会なし。「出場できなかったが一生懸命声を出した」と声をからしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース