高田、堂々行進!13日平館と初戦「チーム一丸を大切に」

[ 2014年7月13日 05:30 ]

入場行進する高田ナイン

岩手大会開会式

(7月12日 県営野球場)
 台風8号の影響で順延した岩手大会が開幕し、スポニチ本紙「復興へのプレーボール」で随時連載中の高田高校が開会式で堂々の行進を行った。

 同校は11日は生徒の安全確保のため休校。この日は出発間際に津波注意報に見舞われたが、熊谷朋哉主将は「(行進では)とにかく声を出して、普段の間合いを大切にした」と、団結力を強調した。

 13日は平館との1回戦が行われるため、開会式後は北上市内に移動してシートノックやフリー打撃で最終調整。伊藤貴樹監督は「一戦必勝、チーム一丸を大切に臨みたい」と初戦突破を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月13日のニュース