楽天 打順変更ピタリ!序盤の大量点でロッテに快勝!

[ 2014年7月13日 16:12 ]

<楽・ロ>1回無死満塁からラッツの中前2点適時打で先制

パ・リーグ 楽天7―4ロッテ

(7月13日 コボスタ)
 前日12日から打順を大幅に変更した楽天が序盤に6得点を奪いロッテに快勝した。
 
 1回、2本の安打と死球でいきなり無死満塁のチャンスを作ると、この日4番に入ったラッツの中前2点適時打で先制。続く5番の銀次が右越え適時二塁打を放つと8番の嶋にも中前適時打が飛び出してこの回打者一巡の4得点。2回にも再び銀次が適時打を放ち2点を追加した。

 この序盤の大量点に守られた先発の宮川は5回3安打1失点で今季3勝目。昨年6月のデビュー以来、負けなしの4連勝とした。

 ロッテは先発の涌井が序盤から楽天打線につかまり4回7安打6失点と試合を作れずにマウンドを降板。今季8敗目を喫した。打線は中盤から反撃を開始するも序盤の失点が響いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース