マー君 球宴行事も不参加決定 ジラルディ監督「また出られる」

[ 2014年7月13日 06:20 ]

8日のインディアンス戦で右腕を気にするそぶりを見せる田中

 ヤンキースは12日、右肘内側側副じん帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りした田中将大投手(25)が、選出されていた15日(同16日)の第85回オールスター戦(ミネアポリス)に参加しないと発表した。

 田中は選手間投票でア・リーグの先発投手トップで選出されたが、記者会見やパレードなどの行事にも参加しない。ジラルディ監督は「素晴らしい前半戦だったのに、参加できないのは残念。だが、また出られると思う」と話した。

 田中は4敗目を喫した8日のインディアンス戦後に右肘の異常を訴え、9日にDL入り。球団によると、10日にシアトルでチームドクターの診断を受け、本拠地ニューヨークに戻った。復帰までは約6週間。通称トミー・ジョン手術と呼ばれるじん帯修復手術の可能性も残しながら、まずは6週間のリハビリで復帰を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月13日のニュース