岡田 先発ローテ落ち危機「雰囲気も士気も下げてしまう」

[ 2014年4月19日 08:50 ]

<巨・中>2回無死満塁、谷繁捕手兼任監督(右)に声をかけられる中日先発・岡田

セ・リーグ 中日3-5巨人

(4月18日 東京D)
 今季先発に転向した期待の左腕が早くも先発枠を外れる危機だ。中日・岡田は長野に左越え3ランを浴びるなど、4回7安打5失点で2敗目。初回、2回と先頭打者を歩かせるなど、弱気に映る投球でチームの連勝を3で止めた。

 「もっと堂々と、打たれることを怖がらないで投げないといけない。チームの雰囲気も士気も下げてしまう」

 がっくりと肩を落とした22歳。投げっぷりの良さが売りのはずが、相手を警戒するあまり腕の振りが悪く、高めに入ったボールを痛打された。森ヘッドコーチは「相手に向かっていけないやつはいらない。去年できたことがどうしてできないのか考えないと」と突き放した。先発陣が駒不足な現状だけに、次回も先発の可能性が高いが、これ以上の失敗は許されない状況となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース