オリックス原拓千金V打 日本ハム戦の失策借り返した

[ 2014年4月19日 05:30 ]

<西・オ>10回無死三塁 原拓は右中間へ勝ち越しの適時二塁打を放ちベンチに向かってガッツポーズ

パ・リーグ オリックス2-1西武

(4月18日 西武D)
 延長10回無死三塁。オリックスの原拓は十亀から右中間二塁打を放ち、値千金の勝ち越し点を叩き出した。「ベンチでみんなが喜んでくれたので、こみ上げるものがあった」と古巣相手の一撃に声を震わせた。

 16日の日本ハム戦(京セラ)では、自らの失策を機に一挙4点を失い、チームは敗退。「借りを返したいというのもあった」と話す。「カードの頭を何とか取りたいと思っていた」。伏兵の一打で首位ソフトバンクにゲーム差なしに詰め寄った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース