5連敗で借金9…中畑監督 今季初の緊急ミーティングで叫んだ

[ 2014年4月19日 00:08 ]

<D・広>ベンチのDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA2―11広島

(4月18日 横浜)
 DeNAは、首位・広島に大敗し今季最多の5連敗で、借金も9に膨らんでしまった。

 試合開始時点での横浜市の気温は9・6度。冷たい雨の降る中、本拠地で今季最少となった1万2656人の観衆の前で完敗。中畑監督は試合後「反省している。寒い中、応援してもらったファンに申し訳ない。見せてはいけないような野球が続いてしまってすみません」と謝罪した。

 主砲のブランコを故障で欠き、代わりに中村を1軍登録。この日さっそく「4番・一塁」で先発した。3回には中村のタイムリーを含む4連打で一時は同点に追いついたが、先発の三浦が自己ワーストの5本塁打を浴び6回6失点で降板。9回にも失点を重ねた。

 試合後は今季初の緊急ミーティングを開いた。指揮官は「ミーティングでこの野球ではお金を払ってくれたお客さんに申し訳ないと叫んだよ。(就任)1年目は(46勝85敗13分だったが)いくら負けても前向きになれた。今は闘争心を失った中での借金。今の方が怖い。苦しさをはねのける勇気、元気、前向きさがほしい。声でカバーしないと。明日から見せつけたい」と出直しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース