“人的補償”の脇谷が千金打「ただ抜けろと思いました」

[ 2014年4月19日 17:24 ]

パ・リーグ 西武―オリックス

(西武D)
 西武は初回に先制しながら、2回にヘルマンの適時三塁打などで逆転を許した。

 しかし3回に追いつくと2―2の5回。2死満塁から6番・脇谷が左翼線を破る勝ち越しの適時二塁打を放った。143キロ直球を振り抜き「打った瞬間、ただ抜けろと思いました。何を打ったか分からないです」と興奮した。

 昨オフ、巨人にFA移籍した片岡の人的補償で西武に入団した脇谷が、値千金の一打で
チームを救った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース