坂本 本塁打→二塁打 和田がアピール「怪しいなと思った」

[ 2014年4月19日 22:47 ]

セ・リーグ 巨人2―7中日

(4月19日 東京D)
 巨人の坂本が6回に中堅へ放った打球が、一度は本塁打とされながらもビデオ判定の結果、二塁打となった。

 中村球審は「観客が手を出して当たっていた。妨害でフェンスを越えていないと判断した」と説明した。

 左翼からアピールした中日の和田は「(観客が)下からすくい上げたように見えたから怪しいなと思った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース