久保 2年ぶりの登板「楽しかった」 川口コーチ「使えるめど」

[ 2014年4月19日 23:13 ]

セ・リーグ 巨人2―7中日

(4月19日 東京D)
 2012年に右肘を手術した巨人の久保が、2年ぶりの登板を果たした。2―7と大差のついた延長11回の2死から登板し、荒木を右邪飛に仕留めた。復活を期す12年目の右腕は「楽しかったです」と繰り返し、川口投手総合コーチは「使えるめどがたった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース