ムネリン、降格にも前向き「いい夜でした。下に行っても打ちます」

[ 2014年4月19日 12:20 ]

7回に同点となる適時打を放った川崎

ア・リーグ ブルージェイズ3―2インディアンス

(4月18日 クリーブランド)
 ブルージェイズの勝利に貢献した川崎を待っていたのは、マイナー降格という非情通告。だが、川崎は「いい夜でした。(7回に同点の適時打を放った相手は)左投手だったし、最高。狙い球を絞ってきっちり打てた」と、この日の試合を振り返り、降格についても「こういうのがメジャー」と前を向いた。

 15日に今季初めてメジャーに昇格した川崎は、この日の18日のインディアンス戦を含めて3試合に出場して12打数3安打、打率2割5分だった。降格は故障していた主力のレイエスの復帰に伴う措置。再び傘下の3Aバファロー所属となる川崎は「今は絶好調だし、下に行っても打ちますよ」と言い切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース