ダルビッシュがブルペンで調整 右手親指気にする様子なし

[ 2014年4月19日 09:50 ]

マダックス投手コーチが見守る中、ブルペンで投球練習をするレンジャーズのダルビッシュ

 レンジャーズのダルビッシュが21日(日本時間22日)のアスレチックス戦に向けて投球練習を行った。変化球を交えながら32球を投げ、投球フォームや球筋を確認した。16日の先発で切り傷を負った右手親指を気にする様子はなかった。

 今季の3試合で登板中の得点は2点だけと援護に恵まれていない。地元記者に「野手をディナーに誘った方がいいのでは」などと冗談交じりに聞かれると「ちゃんと野手をリスペクトしているし、仕方ない」と、右腕は冷静に返している。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース