原監督、セペダに期待 WBCで対戦「マークした選手の1人」

[ 2014年4月19日 13:55 ]

 巨人が19日、キューバ代表のフレデリク・セペダ外野手と移籍合意したことを受け、原監督が期待を寄せた。「正式に合意したと報告を受けております。世界のスラッガーの1人。日本で野球をやることを強く希望していたと聞いている。監督として大きな戦力、選手が1人加わったということで歓迎してます」と語った。

 09年のWBCでは侍ジャパンの監督として、キューバ代表のセペダとも対戦。「戦う上でもすごくマークした選手の1人」と話した。

 外野手として起用する方針だが「幸いにして、ウチの4人の外国人選手も非常に元気で、調子もいい。競争という中で、彼にも頑張ってもらいたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース