黒田、3勝目ならず…5回2/3を3失点も降板後に逆転許す

[ 2014年4月19日 12:06 ]

レイズ戦の4回、マウンドで渋い表情のヤンキース・黒田

 米大リーグ、ヤンキースの黒田は18日(日本時間19日)、セントピーターズバーグでのレイズ戦に先発し、5回2/3を投げて7安打3失点。勝ち投手の権利を得て降板したが、7回に逆転を許し、今季3勝目はならなかった。ヤンキースは5―11で敗れ、連勝は5でストップ。イチローは「9番・右翼」で出場し、4打数1安打だった。

 立ち上がり、やや制球に苦しんだ黒田。初回は3者凡退に抑えたものの、4点の援護をもらいながら2、3回は先頭打者に出塁を許してしまう。ともに併殺で切り抜けたが、4回には2死からピンチを招いて2失点。6回2死一、二塁からマイヤーズに中前適時打を浴び、1点差に迫られたところで降板となった。

 チームは7回に1点を追加し、リードを2点としたが、その裏、救援陣が崩れて3失点。逆転を許して黒田の今季3勝目は消え、さらに8回にも大量失点し、結果的には惨敗となった。レイズは連敗を4で止めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース