広島 16年ぶりの貯金8 ルーキー九里2勝目 DeNAは借金10

[ 2014年4月19日 17:19 ]

7回1死満塁、左越え満塁弾を放った広島・堂林はナインに迎えられる

セ・リーグ 広島7―1DeNA

(4月19日 横浜)
 広島が今季初の4連勝。98年以来16年ぶりに貯金を8とした。

 広島は初回、丸の先制左越え4号ソロで展開を優位に進めると、2点リードの7回に堂林が4号左越え満塁弾を放ち試合を決めた。

 先発久里は初回、中村紀に同点右前適時打を許すが、2回以降は安定した投球で、3月29日の中日戦以来、2勝目を挙げた。

 DeNA先発の井納は6回まで2失点と踏ん張ったが7回に崩れて今季初黒星。チームは浮上の兆しなく6連敗となり、借金は10にふくらんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月19日のニュース