阪神 6回集中打で逆転!良太V二塁打 ナゴヤDで5年ぶり3連勝

[ 2013年8月23日 21:50 ]

<中・神>6回表1死二、三塁、逆転の2点適時二塁打を放ち、ガッツポーズを決める新井良

セ・リーグ 阪神7―2中日

(8月23日 ナゴヤD)
 2位の阪神はナゴヤドームで4位中日と対戦。中盤に逆転して7―2で快勝して2連勝、ナゴヤドームでは5年ぶりの3連勝となった。巨人が敗れたため首位との差は5ゲームに縮まった。

 試合は4回にソロ2本塁打を浴びてリードされた6回1死二、三塁から6番福留の右越え二塁打で1点を返すと、7番新井良が逆転左二塁打、8番清水の中前適時打など5点を奪い逆転した。7回には代打桧山の2点適時二塁打で加点した。

 投げては先発の鶴が4回2失点で降板したが、後をつないだボイヤー、久保、安藤、松田、加藤がしのいで逃げ切った。

 中日は先制したものの6回に先発大野が崩れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース