高橋光、桐光・松井ら20選手 18U日本代表選出

[ 2013年8月23日 06:00 ]

 日本高野連は22日、第26回IBAF18U世界野球選手権大会(30日から10日間、台湾・台中)に参加する高校日本代表20選手を発表した。

 夏の甲子園で優勝した前橋育英の2年生エース高橋光成投手や、今秋ドラフト候補の桐光学園・松井裕樹投手、昨年も同大会に出場した大阪桐蔭の森友哉捕手(いずれも3年)らが名を連ねた。監督は大阪桐蔭の西谷浩一監督(43)が務める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース