イチロー“次の一歩”の二塁打 ムネは復帰後2度目のマルチ

[ 2013年8月23日 08:49 ]

ブルージェイズ戦の4回、三塁線に二塁打を放つヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース―ブルージェイズ

(8月23日 ニューヨーク)
 日米通算4000安打を達成した米大リーグ、ヤンキースのイチローは22日(日本時間23日)、ニューヨークでのブルージェイズ戦に「1番、右翼」で出場、3打数1安打1四球だった。ブルージェイズの川崎は「9番・二塁」で出場し、4打数2安打1打点。試合はヤンキースが5―3で勝って5連勝。

 快挙達成翌日の試合は降雨のため約3時間半開始が遅れたが、イチローは4回の第2打席で4001安打目となる左翼線二塁打を放ち“次の一歩”を踏み出した。第1打席は二ゴロ、第3打席は四球、第4打席は空振り三振だった。

 ブルージェイズの川崎は3回の第1打席は遊ゴロに倒れたものの、5回の第2打席で右前打、7回の第3打席で中前適時打(打点1)を放ち“産休”から復帰後3戦連続安打、2度目のマルチ安打を記録。9回の第4打席は遊ゴロだった。

 ▼イチローの話(日米通算4001本目の安打は)僕にとっては(これまでと)同じように大事な1本。だって昨日の1本が変わらないんだから、そりゃ変わらないでしょう。

 ▼川崎の話 負けて腹が立つ。腹が立つ気持ちを治めない、切り替えないで(次の試合も)そのままプレーします。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース