野村監督 3回降板の中村恭に苦言「最低限の仕事はしてほしい」

[ 2013年8月23日 06:00 ]

<中・広>3連勝を逃しガックリの野村監督(中央)ら首脳陣

セ・リーグ 広島1-3中日

(8月22日 ナゴヤD)
 広島の中村恭は初回2死無走者から四球を出して3点を失い、2回も制球難でピンチを招くなど、3回までで降板した。

 期待外れの結果に野村監督は「最低限の仕事はしてほしい。点の取られ方が悪すぎる」と苦言を呈した。2試合続けて5回持たなかった中村恭は「申し訳ありません」と言葉少な。今後の左腕の起用法について、指揮官は「投手コーチと相談します」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース