DeNA 11点爆勝!本拠ハマスタでは105日ぶり巨人撃破

[ 2013年8月23日 21:23 ]

<D・巨>6回1死一、二塁、右中間に3ランを放った梶谷(右)は中畑監督にあごタッチで迎えられる

セ・リーグ DeNA11―2巨人

(8月23日 横浜)
 DeNAが巨人から11点を奪い、本拠ハマスタでは5月10日以来105日ぶりの巨人戦白星を飾った。

 ファンはこんな勝利を待っていた。DeNA自慢の打線が13安打11得点と爆発しての快勝。導火線に火を付けたのは絶好調の梶谷だ。

 2回、ホールトンから右翼線に先制の2点二塁打を放つと、5回に中前打。6回には左腕・高木京から8月に入って8本目となる8号3ランを右中間席へ運んだ。8回にも一塁への適時内野安打でこの日4安打6打点の活躍で打線をけん引した。

 投げては先発の三嶋が6回を6安打2失点で5勝目。

 一方の巨人は7月14日以来の3連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース