延岡学園 宮崎勢初Vあと一歩…重本監督9回強攻策実らず

[ 2013年8月23日 06:00 ]

<延岡学園・前橋育英>決勝で敗れるもアルプススタンドの大声援を受け行進する延岡学園ナイン

第95回全国高校野球選手権決勝 延岡学園3―4前橋育英

(8月22日 甲子園)
 宮崎勢初の優勝にあと一歩、届かなかった。悔し涙が止まらなかった延岡学園の重本監督は選手に「ごめんな」と声を掛けながら抱き合った。「選手は最高だった。勝たせてやれなかった僕が悪い」と男泣きした。

 指揮官が強攻策に懸けたのは1点を追う9回だった。先頭・浜田が死球で出ると、田中が中前打して無死一、二塁。だが後続が左飛、捕邪飛。最後の打者・奈須も空振り三振に終わった。3回に試みた2度の送りバントがともに失敗。「相手はとても守備が鍛えられていた」と重本監督はうつむいた。

 もう一つの後悔は継投策だった。「引っ張りすぎた」と指揮官が振り返ったのは、前日に花巻東を完封した先発・横瀬の交代機。3点を先制した直後の5回、前橋育英の8番・田村にソロアーチを浴びた後も続投させたが、裏目に出た。2失策も絡んで無死一、三塁のピンチで2年生・井手に代えたが、同点に追い付かれた。7回には3番手・奈須が勝ち越しを許し、宮崎大会から決まっていた継投が崩れた。

 だが、横瀬は「みんなで集大成を見せられたし、ケガをした上米良の分までみんなでやりきった。悔いはない」と胸を張った。宮崎大会前に主戦だった左腕・上米良が左肘を疲労骨折。アクシデントを奈須、井手と力を合わせて乗り越えた。奈須は「3人でここまで来られて良かった」とうなずいた。

 「スタンドや宮崎県民に後押しされて全員がいい試合をしてくれた」と重本監督。宮崎勢として春夏の甲子園で最高成績となる準優勝。悲願の初優勝には届かなかったが、聖地に確かな足跡を刻んだ。

 ▼日本ハム・黒木投手コーチ(延岡学園OB、92年卒)敗れたが、最後まで野球ができたのは素晴らしいこと。日に日に成長していった。誇りを持ってこれからの人生に役立ててほしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース