レオ党叫んだ「西武には涌井が必要だ」 17点差からの再出発 

[ 2013年8月23日 06:00 ]

<ロ・西>8回から登板した涌井

パ・リーグ 西武1-18ロッテ

(8月22日 QVC)
 中継ぎに降格した西武・涌井が17点リードされた8回から登板し、3人で片付けた。

 最多勝を2回獲得し、沢村賞も受賞した元エースには屈辱的な再出発となったが「ここからまた頑張る」と前向きに話した。帰り際にはファンから「西武には涌井が必要だ」という声援を受けると、少しだけ笑みを浮かべた。渡辺監督は敗戦処理から出直しさせたことを問われ「まあ、そうだね」と語るにとどまった。

 ▼西武・西口(今季最短の1回4失点KO)きょうはバランスが悪かった。中継ぎに入れと言われたのでガムシャラにいくしかない。

 ▼西武・大石(3回に史上4人目となる1イニング2本の満塁弾を被弾)さすがに打たれすぎ。結果を残していくしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース