広島 序盤5点で快勝、野村8回2失点8勝 ヤクルトはバレ弾実らず

[ 2013年8月23日 21:01 ]

<広・ヤ>8勝目をあげスラィリー(右)と笑顔でガッツポーズの野村

セ・リーグ 広島6―2ヤクルト

(8月23日 マツダ)
 3位広島は最下位ヤクルトとマツダで対戦。初回のリードを守り6―2で快勝した。

 試合は3回に菊池、丸の連続適時二塁打と梵の3ランで5点を先制。1点を返された直後の5回は木村の適時打で追加点。

 投げては先発野村が8回2失点で8勝目。

 ヤクルトはバレンティンが3試合連続本塁打の47号を放ったが、序盤の失点が重かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース