イチロー グリフィー氏から祝福 大型ビジョンで“異例の演出”

[ 2013年8月23日 06:00 ]

<ヤンキース・ブルージェイズ>初回1死、日米通算4000本目となる安打を放ち、ジラルディ監督(右)から頭をなでられるイチロー

ア・リーグ ヤンキース4―2ブルージェイズ

(8月21日 ニューヨーク)
 ヤンキース・イチローの元に駆け寄ったチームメートに「日米合算記録」との意識はない。試合を締めくくり、イチローとハイタッチした後に祝福の言葉を投げかけた大リーグ歴代1位の通算645セーブを誇るリベラは言った。

 「日米にまたがっていても4000安打は多い。イチローはプレーするためでなく、成功するために米国に来た。常に最高であろうとするのがイチローだ」

 ヤ軍は3回終了後に、古巣マリナーズで同僚だった通算630本塁打のケン・グリフィー氏の祝福メッセージを大型ビジョンで流す演出を行った。ヤ軍に在籍したことがない選手がビジョンで祝福するのは極めて異例。「イチローが技術を完成させるため、どれだけの時間と努力をかけたかを考えてほしい。4000安打とは、とても本当とは思えない数字だ」とメッセージを送った。

 昨季、メジャーで年間200安打を達成したのは2人だけ。単純計算で200安打を20年続けて初めて到達する数字だ。ジョー・ジラルディ監督は「私の野球人生全てを足しても4000なんて無理だよ」と記録の価値を表し、右ふくらはぎ痛でフロリダ州タンパでリハビリ中のジーターも「リトルリーグでの4000安打だとしても、私は気にしない。しかもメジャーの舞台で、誰よりも安定し、短い期間でヒットを重ねてきた」と偉業を称えた。

 日米合算記録をピート・ローズやタイ・カッブと並べるべきかの議論はある。だが、野球の母国も4000安打の偉業を認めている。米スポーツ専門局のESPNは、大リーグ移籍から13年で放った2722安打を「歴代のどの選手の13年間よりも多くの安打を放っている」と注目。「大リーグでも3000安打を打てるかが注目」とした上で「おそらく殿堂入りする」と報じた。

 メジャーでの安打数は、元ヤンキースのルー・ゲーリッグを抜いて単独59位となった。米野球殿堂入りには、3000安打が目安といわれ、来季中にも達成可能だ。これまで打ち立ててきた数々のメジャー記録と、この日の熱狂。パワー全盛の時代に安打で感動を与え続けるイチローの殿堂入りを疑う声は少ない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月23日のニュース