終戦記念日迎え作新学院―熊本工戦で黙とう

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<熊本工・作新学院>正午に黙とうする選手たち

第95回全国高校野球選手権第8日

 終戦記念日のこの日の正午、第2試合の作新学院―熊本工の6回裏にサイレンを鳴らし、選手、審判、観客らが1分間の黙とうをささげた。

 63年の第45回大会から、終戦記念日に戦没者の慰霊と平和を祈念して毎年行われている。作新学院の先発・渡辺は「黙とうをすることは試合前から知っていました」と神妙な様子で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース