強肩“座り投げ”披露!常総4番内田が守備で沸かせた

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<常総学院・仙台育英>5回2死一、二塁、熊谷の時に座ったまま二塁へ送球する常総学院・内田

第95回全国高校野球選手権2回戦 常総学院4―1仙台育英

(8月15日 甲子園)
 初戦の北照(南北海道)戦で本塁打を放った常総学院の4番・内田が、この日は守備でチームに貢献した。

 先発マスクをかぶると、4回無死一、三塁で右飛を捕球した吉成からのショートバウンドの返球を好捕した上、巧みなブロックで三塁走者の生還を阻止した。「絶対にボールは離すまいと思った」と胸を張った。「肩を見せたい」との言葉通り、5回2死一、二塁の場面では座ったまま二塁へ送球する強肩を見せつけ、スタンドを沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース