仙台育英 継投策裏目 プロ注目上林は4の1「縁がなかった」

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<常総学院・仙台育英>3回戦進出ならず、フーッと息を吐いて甲子園を去った仙台育英・上林

第95回全国高校野球選手権2回戦 仙台育英1―4常総学院

(8月15日 甲子園)
 <宮城仙台育英>継投策が裏目に出た。先発のエース右腕・鈴木は5回まで一人の走者も出さない完全投球だったが、6回に中前打を許すなどし、1死一、二塁としたところで降板。直後に2番手の馬場が右中間三塁打を許し、2点を先制された。

 佐々木順一朗監督は「馬場の方が調子が良かった。あの継投で負けました。成功したら大監督。失敗したら駄目監督。監督のせいです」と悔やんだ。常総学院には01年のセンバツ決勝でも6―7で敗れたが、今回も自慢の強力打線が4安打と沈黙し、リベンジは果たせなかった。今秋ドラフト候補の4番・上林は4打数1安打に終わり「体がうまく動かなかった。甲子園には縁がなかった」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース