ヤクルト 響いた2失策 小川監督「今年のチームを物語っている」

[ 2013年8月16日 06:00 ]

<ヤ・中>6回2死、高橋周の打球をバレンティンが後逸。右は上田

セ・リーグ ヤクルト5-6中日

(8月15日 神宮)
 ヤクルトは外野の2失策が響いた。

 初回2死二塁から和田の中前打で中堅手・上田が中継の内野へ悪送球。打者走者・和田の生還を許すと、6回には右翼手・バレンティンが右中間の打球の処理を誤ったのが決勝点につながった。「ちょっと軽率、防げたプレー。何度もああいうプレーで負けている。今年のチームを物語っている」と小川監督は憤慨。上田は「敗因は僕。(本塁は)間に合わないのに焦って投げてしまった。6回も僕が(バレンティンに)近づきすぎた」と猛省した。

 ▼ヤクルト・宮本(5回に代打で通算2121安打目。PL学園の先輩・清原にあと1本に迫る)偉大な先輩ですから、そこまで行ければいいですね。今は代打の難しさ、面白さを感じてやっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月16日のニュース